関東 車 買取 査定

関東の車買取事情

MENU

関東の車買取事情

関東エリアでは、北関東(茨城、栃木、群馬)と南関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)とで地域差が見られます。まずは北関東から見ていきましょう。

 

北関東(茨城/栃木/群馬)

茨城、栃木、群馬は1人あたりの自動車保有台数が全国でもトップ3に入るクルマ社会。通勤や買い物、レジャーなど生活するにあたりクルマが欠かせない地域です。さまざまなシーンでクルマが利用されるため、需要のある車種も偏りがない傾向が見られます。売却される中古車で多い車種はダイハツ「ムーヴ」、スズキ「ワゴンR」などの人気モデルなど。また、スズキ「エブリイ」、ホンダ「アクティ トラック」等の商用車も売却台数の多い車種です。車買取業者についても大手企業から地元密着型業者まで数多く軒をつらねています。

 

 

上のグラフを見てみると、走行距離が12.5万kmまで売却台数がある程度の台数がほほ横ばいで推移しています。このことから段階ごとに愛車の価値が下がる前にクルマを乗り替えようという考えの人が比較的多い傾向がみてとれます。また売却金額に関しては、走行距離5万kmを境に急激に値崩れを起こす傾向があります。つまり、高額査定を狙うのであれば、走行距離5万km辺りで愛車の売却を検討してみるのも一考でしょう。

 

南関東(東京/神奈川/埼玉/千葉)

次に南関東です。東京、神奈川、埼玉、千葉は車買取業者にとって全国でもトップクラスの激戦区となっています。全国区の大手企業から関東をメインエリアとしている中堅企業、個人経営の小規模業者までありとあらゆる業者がひしめきあっています。そのため、コンディションの良い車両は業者間で引く手あまたの様相を呈しており、中古車の平均売却金額は約64万円と全国一高い数字に。愛車を売却する側にとって南関東は理想的な売り手市場といえるでしょう。

 

また南関東で特徴的なのが、最新の人気車種がよく売却されていることにあります。トヨタ「アクア」「プリウス」、ホンダ「N」シリーズなど新車市場で人気の車種が多く中古車市場に流れています。これは南関東特有の、流行に敏感なアーリーアダプター的思考の持ち主が多いことの証左でしょう。

 

 

上のグラフを見ると、売却台数は走行距離5万kmをピークに減少していく傾向が見て取れます。これは、愛車の価格が高いうちに新車に買い替えようという消費行動の表れ。ここから南関東在住の方は、「つねにそのときどきの人気の車種に乗り替えたい」「できるだけ賢く愛車を売却したい」という考えで愛車を売却されているという特徴があります。

 

南関東は、全国でも車買取業者の数が1番多い地域で業者もバラエティに富んでおり、特殊車両でも一定の需要があります。もちろん、人気の車種・コンディションが良い車両は業者同士で取り合いになることもしばしば。そのため南関東では複数の車買取業者に査定依頼すればたやすく高額査定が勝ち取れるでしょう。

 

関東の車買取事情記事一覧

車買取業者茨木は車買取業者の数が多く、大手企業ではビッグモーターが1店舗、ラビット・カーチスが各2店舗、カーセブンが6店舗、アップル・ガリバーが各13店舗ずつあります。また、地域で見て行くと、水戸市の...

栃木は1人あたりの自動車保有台数が全国でもトップクラス。1世帯あたり何台もクルマを所有していることがそう珍しい光景ではない県です。車買取業者大手の車買取業者も多く栃木には進出しており、ビッグモーターが...

群馬は100人あたりの車保有台数が68.39台と全国第一位の都道府県。ドライバーの年齢層に当てはめると、ほぼ全員がマイカーを持っているといえるでしょう。車買取業者群馬では大手の車買取業者のカーセブン・...

埼玉県は他の都道府県に比べ、圧倒的に車買取業者が多い地域です。大手ではカーチス6店舗、カーセブン7店舗、ラビット8店舗、ビッグモーター11店舗、アップル22店舗、ガリバー26店舗が埼玉の各地で展開して...

千葉は東京のベッドタウンとしてクルマで東京へ行き来する方も多いため、クルマの保有台数が多い都道府県。そうなってくるとやはり車買取業者も多く、大手だとカーチス3店舗、ビッグモーター8店舗、カーセブン10...

車買取業者東京は愛知県・埼玉県の次に、自家用車保有台数が全国で3番目に多い都道府県です。そのため車買取業者の店舗も非常に多くあります。大手だとユーポス・ケーユーが各1店舗、カーチス5店舗、ラビット8店...

車買取業者神奈川での自動車保有台数は全国でも4番目に多い都道府県。当然、車買取業者の数も多く、大手だとケーユー・ユーポスが各1店舗、カーセブンが7店舗、ラビットが8店舗、カーチスが8店舗、アップルが1...